忍者ブログ
主に闇詩・作詞・短小説を載せています。 よろしくお願いします。
プロフィール
HN:
紅マ吉
性別:
女性
趣味:
詩・作詞・短小説
自己紹介:
天野月子さんのファンです。
よろしくお願いします。
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
最新記事
(11/22)
(11/01)
(10/08)
(10/05)
(09/10)
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(05/17)
(05/17)
(05/17)
(05/17)
(05/17)
P R
カウンター
アクセス解析
アクセス解析
1 2 3 4 5 6 7 8
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

晴天の空の下

罪の泪を流した

なのに

周りは笑顔の溢れていて

手などを繋いでいる

どうせ、あの繋ぎは

簡単にほどける

偽のピンクさ

口にもだしたくない

あの辭

いつまで

癒えないこの愚かな心が

続くのだろうか

 

fin

 

※忠告 コピーなどは絶対にダメです。

 

kichi

PR

僕の目の前には、

大きな壁のように聳え立つ、

シルエット。

音のない真夜中に

音をたてて、

腐食されてく、この心。

厚い雲によって閉ざされた今宵月

雲の切れ間、

探してる君。

三日月の下

僕の前には、兎のような瞳をした君。

僕は咄嗟に手を伸ばした。

気付けば、一人。

君の姿は見当たらない。

あぁ、また

闇のような音をたてて、

腐食していく、この心。

一瞬でも、触りでもすれば

粉々に消え散ってしまう。

満月の下

君は、

粉々に散った片を必死にかき集めていた。

------紅い瞳から、雫を流しながら。------


fin

 

※忠告 コピーなどは絶対にしないで下さい。


kichi

心が

星雲のように

曇っていて分からないくなっている。

心が

錆びた鎖によって、

固く閉ざされている。

こんな状態に侵されていると、

分かっているだけ

マシな方かもしれない。

 

 


fin

 


※忠告 コピーなどは絶対にダメです。

kichi

忍者ブログ [PR]